記事の詳細

こんにちは、A&Tコーポレーションの井田です。
デジタルの時代でありながら、
若い世代にアナログブームが起こっている、
という話題に驚いています。

少し前はレコードが人気でしたが、
今度は何とカセットテープなんだとか。
デジタルより音に温かみが感じられ、
しかも一曲飛ばしが出来ないことから、
最初から最後までじっくり聴き込めるのも
音楽を愛する人には好まれる理由です。

アナログ世代には当たり前だったことも、
今の若者には新鮮なんでしょうね。
こうして歴史は繰り返されるのだなぁ、
と嬉しくなります。

レコードやテープの時代には、
アーティストはA面、B面を意識し
常に制作していました。
今のように一気に収録曲を聴けませんから、
A面の世界観とB面の世界観を考え、
曲創りをしたものです。

A面を聴き終えてからレコードを裏返し、
針を落とす時のワクワク感はたまりません。
今もJAZZばかりはレコードで聴きたくて、
我が家にはレコードプレーヤーも健在。

音楽っていいものですねぇ。

20160309

●レコードの醍醐味はジャケットの魅力にもあります。こうなるとアートの世界ですね

ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

ask side_akiyaside_1 side_3 side_2 side_4 side_6 seminar side_oyakata

ページ上部へ戻る