記事の詳細

こんにちは、A&Tコーポレーションの井田です。
なかなか春の陽気にならず、
寒がりの私はブルブルしていて
桜の木の芽が膨らむのを今か今かと
見つめる日が続いています。

早く大岡川の桜が見たいです。

桜といえば、私が生まれ育った場所は、
桜の名所で市の花も桜。
わざわざ公園に行かなくても
街のいたるところで歩きながら花見が出来、
中でも仕事帰りの夜桜は壮観です。

時代は変われどいつの世も、
人々は桜の艶やかさに癒やされたのでしょう。

一度、
むせるような桜の香に酔わされた、
なんてことがありました。
桜って梅ほど香らない気がしただけに、
その匂いはまさに桜餅!(笑)
皆さん、嗅いだことはありますか?

見頃よりも散り始めてからが
より匂いを芳香するようです。

ちなみに古来から桜の精は男性、
と言われています。
散り際が潔いせいなのでしょうか?
あれほど妖艶な姿を垣間見せるのに男性とは、
何とも不思議な気がします。

20160229

●桜はまだまだ先ですが、桜草は今がとても見頃です。色合いと花弁に思わず見とれますね

ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

ask side_akiyaside_1 side_3 side_2 side_4 side_6 seminar side_oyakata

ページ上部へ戻る