記事の詳細

こんにちは、A&Tコーポレーションの井田です。
春は旅立ちの季節でもありますが、
急に地方支社へ異動を命じられ、
これから生活が大きく変わることになった、
という知人に愚痴られました。

何でも仙台に行くことになり、
そこでの新居を自分で見つけろと、
上司から丸投げされたとのこと。
いくらなんでも横暴だなぁと呆れました。

例えば学生時代に住んでいたとか、
多少なりとも土地勘があればいいですが、
まったく知らない土地では愕然としますよね。

確かに物件をインターネットで探せますが、
実際に内覧しないと決めにくいですし、
近所に何があるかも歩いて実感したいもの。
ましてやそこが事故物件だった、
と引越してから分かっても困りますし。

私には多少ながら第六感があるらしく、
どうにも足が向かない土地や建物があります。
調べてみると大抵よくない場所です。
これは何も国内だけでなく、
海外に行った時にも体験しました。

なので一人暮らしをする際に、
現場を歩くことや物件を見るのは欠かせません。
知人は大らかな性格なので、
さほど問題はないと思いますが、
それでも実際に物件を見て決めたい、
というまっとうな神経を持っています。

問題はその会社が事前に仙台へ行かせ、
物件を決める時間を与えてくれそうにない、
ということでしょう。

なかなかブラックな企業なので心配です。

DSC_1295

●蕎麦好きな人だったのでよく昼食に蕎麦屋を選びました。食べると知人を思い出します

関連記事

ask side_akiyaside_1 side_3 side_2 side_4 side_6 seminar side_oyakata

ページ上部へ戻る