記事の詳細

こんにちは、A&Tコーポレーションの井田です。
立春を迎え暦の上では春ですが、
寒さ、暖かさが一進一退のこの時期、
まだまだ厚手の上着が手放せませんね。

私は東京から横浜本社へ通勤しているので、
帰宅時のラッシュはそれほもう、
とんでもないほど凄まじいのですが、
これはもう中央線の宿命と諦めています。

指一本も動かせないわ、
自分の両手、両足がちぐはぐな位置にあるわ、
一体今、どんな体勢になっているのか、
さっぱり解らない状況は日常茶飯事で、
それでも他人に迷惑をかけないようにと
必死に踏ん張るのですがそれも難しく・・・。

残るは筋肉痛だけだったりします(涙)。

ある時、
そんな時間帯に4、5歳の子供を連れ、
無謀にも乗り込んできた若いお母さんがいて、
見ているこちらが真っ青になりました。

大人に埋もれる子供にとって、
きっと酸素は薄く苦しいはず。
ここは何があろうと助けなくては、
と必死に子供さんが潰れないよう、
盾になったのはいうまでもありません。

どうしてもその時間帯に用事があるのでしょうが、
我が子のことを鑑みたらなるべく外し、
ストレスを与えないようにして欲しいな、
と感じた一コマでした。

この日の筋肉痛は名誉の負傷、
と思っています(笑)。

20160216

●蕎麦は温かいのが好きですが、たまに食べる鴨汁せいろもなかなか美味であります

関連記事

ask side_akiyaside_1 side_3 side_2 side_4 side_6 seminar side_oyakata

ページ上部へ戻る