記事の詳細

こんにちは、A&Tコーポレーションの井田です。
ネットニュースを見ていたら、
震災に備え、トイレットペーパーは 1ヶ月分、
備蓄すべきと出ていて 思わず頭を抱えてしまいました。
皆さん、
1ヶ月のトイレットペーパー、
ちゃんと備えてありますか?

ひとり暮らしの私でも12ロールは使うから、
そのぐらいは常に備蓄せよってことですね。

何でも東日本大震災の際も、
物資で不足し一番困ったのが、
このトイレットペーパーなんだそうです。
水でも食料でもなく。

確かに排泄物は日に何度も出ますから、
流通が途絶えた際に大いに不足するのは
実に納得がいく話です。

しかし、私が頭を抱えたのは
何も部屋が狭くて収納が面倒な訳でなく、
遺品整理や特殊清掃で現場に入った際、
大量のトイレットペーパーに遭遇することが
よくあるからなのです。

いえ、備蓄が1ヶ月分なんて量じゃなく、
売るほど大量だったりするのですから、
こうした人達が更に不安を感じ備蓄したら、
現場で出てくるトイレットペーパーは
とんでもない量になるんじゃないか、
と危惧したからです(苦笑)。

昔、オイルショックの時に資源不足から
トイレットペーパーの買い占めが起こり、
品不足で大変だったと親から聞いてますが、
震災が起これば当然、似た状況になります。

このニュースに過剰反応する人が
少ないことを祈る私でした。

20160408

●夕方のみなとみらい臨港パーク。海を前にすると心にゆとりを取り戻す気がします

ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

ask side_akiyaside_1 side_3 side_2 side_4 side_6 seminar side_oyakata

ページ上部へ戻る