記事の詳細

こんにちは、A&Tコーポレーションの井田です。
そろそろツツジが見納めの時期で、
萎れてきているのを見かけると悲しくなります。

ツツジといえば高校時代を思い出します。
というのも担任教師が何故かツツジが好きで、
「よし、HRは善福寺のツツジ鑑賞だ」
と言い出し、連れて行かれたものです。
(高校は杉並区だったので)

男性教師でもツツジの美しさを知っていた担任。
ワイルドなルックスにあまり似合いませんが、
心はきっと美しい方だったと思うことにします。

ですが実際には熱血教師で、
女子生徒にも顔面パンチの体罰をする、
今ではクビになるようなことをしていました。

時代と片付けるには何とも腹立たしいものです。

それはさておき、
高江洲がコラムに連載しているお話も、
そろそろ佳境に入ってきました。
読んでいると現場に立っているようだ、
という感想を頂戴します。

どんなことを感じ、仕事と向き合っているか。
少しでもコラムから読み取って頂けたら幸いです。

遺品整理って人間ドラマが詰まった
とても崇高なお仕事だと私はいつも思っています。

20160504

●ツツジの蜜はとても甘くてジューシー。子供の頃はお腹が空くとこの蜜を吸っていたものです(笑)

関連記事

ask side_akiyaside_1 side_3 side_2 side_4 side_6 seminar side_oyakata

ページ上部へ戻る