記事の詳細

こんにちは、A&Tコーポレーションの井田です。
横浜本社の可愛い隣人、
ツバメ夫妻は今日もせっせと育児中です。
まだ生まれたばかりのようなので
覗きたい気持ちはぐっと堪えて我慢ガマン(笑)。

鳥といえば、
以前二度ばかり鳩を助けました。
いずれも横浜は関内で。

最初の時は横浜スタジアム近くのバーで、
友人と飲んでいた時のこと。
煙草が切れたので近くのコンビニに買いに出て、
その帰りに傷ついた鳩を見つけました。

どうやら野良猫にやられたようです。
そのままにしておく訳にもいかず、
24時間対応の動物病院へ連れていきましたが、
私が住んでいる東京都と違い、
横浜市は野鳥保護の観点で鳩も無料とのこと。
そのまま預かってくれました。

怪我が治っても野生に戻れないなら、
私がこの鳩を引き取るつもりでしたが、
野鳥保護からそうもいかず諦めました。

二度目の時はやはり傷ついた鳩のヒナで、
残念ながら預けた獣医さんの元で亡くなりました。

なかなか野鳥は難しいようです。

生き物の死は何度立ち会っても辛いものです。
それでも人間は時に手を貸さず、
その結末を見守るしかない時があります。
出会った以上、
目を背けるべきではないと思いながら。

二度あることは三度あると言いますが、
また傷ついた動物がいたら助けてしまいそうです。

関連記事

ask side_akiyaside_1 side_3 side_2 side_4 side_6 seminar side_oyakata

ページ上部へ戻る