記事の詳細

こんにちは、A&Tコーポレーションの井田です。
今日は数日振りに寒いくらいの気温!
身体がついていかない、
と嘆いてしまいたくなる人も多いのでは?
実際、義妹も胃腸炎でダウンしました(涙)。
皆さんもご自愛下さい。

この5年、
横浜本社勤務で東京から通っていますが、
感じるのは気温や天気が違う、ということ。
寒さも暑さも横浜より東京の方が厳しく、
これからの時期は不快指数が高くなります。
横浜に住んでいる人はいいなぁ、
と羨ましくなるくらいです。

そして、
孤独死された方が発見される季節でもあります。

暑さが腐敗を早め、そのために発見される。
痛ましい話でもありますが、
彷徨える魂が安らぎを取り戻せるなら、
とても重要な季節でもあると思うのです。

何度かこのブログでも書きましたが、
孤独死された部屋は特殊清掃、原状回復、
そして解体が必要となります。
最近は事故物件でも気にされない方が増え、
借り手に困ることも少なくなりました。

そのためにも正しい知識と技術を持つ、
特殊清掃のプロを選ぶ目が大切です。
でないと遺品が腐敗臭にまみれ、
店頭に並ぶという最悪な状況になるし、
新たな借り手が臭いが気になると、
大家さんや不動産管理会社にクレームを入れ、
再度別の業者に特殊清掃を依頼する、
二次被害にも繋がってしまいます。

値段だけでなく、
その企業がどれだけの作業実績があるのか
そこも調べておくといいですね。

20160525

●火災などの状況が酷いものは建て替えが必要となります。煙草と火事の臭いは特殊清掃では完全に取りにくいのです

関連記事

ask side_akiyaside_1 side_3 side_2 side_4 side_6 seminar side_oyakata

ページ上部へ戻る