記事の詳細

こんにちは、A&Tコーポレーションの井田です。
いつも何気なく利用している通勤電車、
時にマナー違反をする人と遭遇し、
ついイライラさせられること、ありませんか?

飲食や化粧をする人がまさにそれで、
長時間乗る新幹線ならいざ知らず、
短時間の電車やバスではマナー違反ですよね。

脳科学者の澤口俊之という方が書かれた
「平然と車内で化粧をする脳」
という本の中で、こうした行為が出来るのは
一種の脳の機能障害からだと記しています。

かなり辛辣な表現ですが
「顔の修復作業や食事風景を他人に見られて平気な神経。恥を知らない脳になっている」
と言われています。
そうか、お化粧は顔の修復作業なんですね。
何だか身も蓋もない言い方ですが、
まぁそれは置いておいても、
人前で行えるのは恥知らずだ、
というのは頷ける気はします。

先日も帰りのラッシュアワーの混雑時、
10代の女の子がぎゅうぎゅう詰めの中、
サンドウィッチをもしゃもしゃ食べていました。
零して他人にソースをつけたら、
そういうことを少しも考えていない顔。

しかもにおいが混雑時にどれだけ不快か、
そこも感じていないのでしょう。
脳の障害ならば仕方ないのかもしれませんが、
せめて自覚して治療を受けて欲しいところです。

公共の場と自宅の区別ぐらい、
高校生や社会人ならついて当たり前。
自分の行為がマナー違反ではないかを、
こういう人達を目にするたびに振り返る。
そこも大事なことだと思ったりします。

20160527

●野に咲く花はどうして可憐で美しいのか、車内で化粧が出来る人には分からないでしょうね

関連記事

ask side_akiyaside_1 side_3 side_2 side_4 side_6 seminar side_oyakata

ページ上部へ戻る