記事の詳細

こんにちは、A&Tコーポレーションの井田です。
実は昨日、久し振りに高熱を出し、
フラフラしながらも仕事をこなしました。
風邪なんかひいた自分が悪いので、
自己管理の甘さを叱咤しつつ、
何とかこなしました。

早めに就寝したのが良かったのか、
今朝はスッキリした気分で目覚めました。
汗をかいたのも良かったようです。

孤独死の現場に入って思うのは、
体調不良でそのまま亡くなったケースが
かなり多いちうことです。

私もそうですが、
自宅で嘔吐しそうになると
掃除が楽なトイレへ行きますよね?
まさしく亡くなられている方が多いのは、
トイレに行ってそのまま亡くなった場合、
またはその手前で力尽きている、
助けを呼ぼうと玄関前で倒れている、
そういう亡くなり方が多いのです。

周辺には決まって吐瀉物があり、
もしかしたら気管に詰まっての窒息死、
だったのかもしれないと思います。

特殊清掃では弊社の場合、
使用している薬剤が人体には無害なのに、
腐敗臭をあっという間に消し去るので、
イオン脱臭機が必要ないほどです。

これはもう高江洲が数え切れないほど
現場を経験して開発しただけあり、
他社の追随は許さない効果があります。
何でもそうですが経験に勝るものはない。

死者の方に教わったともいえる話です。
現場は本当に色々なことを教えてくれる。
そこを毎回感じさせてくれます。

関連記事

ask side_akiyaside_1 side_3 side_2 side_4 side_6 seminar side_oyakata

ページ上部へ戻る