記事の詳細

こんにちは、A&Tコーポレーションの井田です。
昨夜はNHKがトップニュースで
天皇の生前退位の意向を報道し、
大きな驚きを与えました。

陛下の年齢、体調を考えるとこれは、
改正すべき重要な機会かもしれませんね。

皆さんも英断に迫られる機会があるでしょう。
そういう時に無様でも出来るまでしがみつくか、
余力を感じつつも決着をつけるかは、
その人の生き方次第だと思います。

ただ、
周囲がどう考えているか、
そこを見極めて決断する配慮は欲しいですね。

孤独死の現場でも
現役を引退した高齢者の方や、
生活困窮のさなかに逝かれたケースが多いです。

大抵が家賃支払いが滞って、
ひと月で発見される現場ばかり。
腐敗臭に気がついた近隣からの通報で
発見されることもあります。

自分で決断した人生の結末が孤独死になるのも
核家族が主体の日本では珍しくありません。
東京や横浜での特殊清掃、遺品整理は
年々増加するばかりです。

訳があって一人暮らしをしているのであれば、
常に何があってもいいように片付け、
生前整理を心掛けていたいものです。

関連記事

ask side_akiyaside_1 side_3 side_2 side_4 side_6 seminar side_oyakata

ページ上部へ戻る