記事の詳細

こんにちは、A&Tコーポレーションの井田です。
今日も東京は暑い日になりそうですね。
梅雨明け、まだだというのに。

梅雨明けが遅かったことで思い出すのは、
まだ小学校低学年の頃。
夏休みに千葉の海へ遊びに行ったら、
まだ梅雨明けしていないけど海に入ったら
とても寒かったのを覚えています。

今年は梅雨が長いから、
私がしたような哀しい想いをする子供達が
増えないことを祈るばかりです。

思い出といえば、
遺品整理の現場で見かける、
故人の大切な思い出の数々でしょう。
大切に棚にしまっていた箱に入った、
旅行の思い出や写真の束、
色褪せた封筒の数々。

本来は見知らぬ第三者に絶対見せないだろう
自分だけの聖域だったに違いないのです。

遺品整理はどうしても
そういう部分に踏み込む作業になります。
とても胸が痛くなる作業ですが、
誰かがしなくてはならないのであれば、
敬意を払って粛々と行なわなくてはならない。

そう心に決め、
今日も私達は向き合っています。

関連記事

ask side_akiyaside_1 side_3 side_2 side_4 side_6 seminar side_oyakata

ページ上部へ戻る