記事の詳細

こんにちは、A&Tコーポレーションの井田です。
皆さんは箸の持ち方に自信がありますか?

以前、こんなCMがありました。
「お箸の国の人だもの」
ってフレーズ。
今や何のCMだったか憶えてませんが、
日本は箸の文化だといったトコでしょう。

以前、
有名な大手出版社の編集者との会食で、
神保町の割烹料理屋に行った時のこと。
まだ当時の私は
20代後半の若造ではありましたが、
40代半ばの編集者は私の箸の使い方を見て、
こう言われたのです。

「ほう、
 井田さんの親御さんはしつけが出来ている」

親を褒められて嬉しくない子供はいません。
少し照れくさい気でいたのですが、
そんな想いは次の瞬間、吹き飛びました。

「それに比べ、君の箸の持ち方は何だ。
 親はどんなしつけ方をしたんだか」

もう一人の若手に厳しく叱責したのです。
言われた女性は泣き出してしまいました。
きっと親を悪く言われたことや、
箸の持ち方が出来ていない自分が悔しいとか、
そんな色々な想いが込み上げたのでしょう。

この時に大人は何気に所作を見ているのだな、
と気がつき、はっとさせられました。

「お箸の国のひとだもの」
まさに、その通り。
箸だけでなく様々なマナーに気を配れる、
そんな大人になりたいものです。
ちょっと自信がないけれど(苦笑)。

20160225

●桜が咲き始めると「ここは日本なんだな」と思うことがあります。遺伝子に刻まれているのかも

関連記事

ask side_akiyaside_1 side_3 side_2 side_4 side_6 seminar side_oyakata

ページ上部へ戻る