コラム

お風呂の特殊清掃は必ず経験豊富な専門家に依頼しましょう!

お風呂の特殊清掃を依頼する際のポイントをご存知ですか。

それは、経験豊富な専門家に依頼することです。

それにより、どんな現場でも入室可能な状態に回復します。

そこで今回は、お風呂の特殊清掃を専門家に依頼する理由と特殊清掃の流れを解説します。

□お風呂の特殊清掃を専門家に依頼すべき理由とは

お風呂の特殊清掃は、なぜ経験豊富な専門家に依頼すべきかご存知ですか。

ここでは、その理由を紹介します。

まず、冬は風呂場でのヒートショックによる孤独死が起きやすいです。

そもそもヒートショックとは、室内の寒暖差が大きいことがもたらす身体への悪影響のことです。

お風呂は室温が低いため、暖房が効いた部屋から移動した際に、この症状が発生しやすいです。

ヒートショックは急激な温度変化で血圧が変動することにより、脳出血や心筋梗塞を引き起こしたり、風呂場で意識を失って溺死したりします。

孤独死は家のどの部屋でも起きる可能性がありますが、特に浴槽の場合は特殊清掃を専門家に依頼する必要があります。

なぜなら、配管などに詰まってしまわないように作業をする必要があるからです。

もし専門家に依頼しないと、後に多額な料金を支払うことに繋がるでしょう。

また、特殊清掃が必要な現場はウイルスなどによる感染症のリスクがあります。

そのため、安易に遺族の方で清掃を行わず、特殊清掃の専門家に依頼しましょう。

そうすることで、迅速でスムーズな現場の回復に繋がります。

□お風呂の特殊清掃をする際の流れとは

ここではお風呂を清掃する際の流れを紹介します。

まず、浴槽の内の体液や汚水を配管に流さないようにバケツで汲み取ります。

そして適切に処理をします。

また、浴槽に残った汚物を取り除き、専用の薬剤で消臭、殺菌をします。

次に、シャンプーやボディーソープといった備品を消毒して廃棄します。

さらに、浴槽を解体して撤去します。

この際に依頼者の要望で解体せずに、そのまま使用することもあります。

この知識を知っておくと費用の節約に繋がるかもしれません。

最後に、必要な場合はリフォームをします。

これらの作業をする際の注意点として、水栓を抜かないことが挙げられます。

とりあえず水栓を抜いて汚水を流したいですよね。

しかしこれをしてしまうと、異物が水道管を詰まらせるかもしれません。

このようなトラブルを避けるためにも、水栓には気を付けましょう。

□まとめ

今回は、お風呂の特殊清掃を専門家に依頼する理由と、特殊清掃の流れを詳しく解説しました。

お風呂の特殊清掃を専門家に依頼して、現場を回復させましょう。

特殊清掃をしようか迷っている方は、当社までお問い合わせください。