終活について考え始めた方の中には、まず持ち物を整理しようと思い立つ方も多いでしょう。
生前に自分で持ち物を整理しておくことには、遺族の負担を減らせたり、気持ちの整理ができたりと、様々なメリットがあります。
今回は、そんな生前整理について紹介します。

□一人暮らしの終活の準備は何をする?

一人暮らしの方が終活をするにあたっては、以下の準備をしておく必要があります。

1つ目は、持ち物や財産の生前整理をすることです。
まずは、身の回りが余計なもので溢れていないかを見直してみてください。
服や雑貨、本などはもちろんですが、クレジットカードや銀行口座、有価証券なども必要かどうか判断して整理しましょう。

2つ目は、遺言書を作成することです。
一人暮らしをしている場合、孤独死のリスクも考えられます。
孤独死で亡くなった方の財産は、一定期間内に相続人が現れなかった場合、国のものになります。
財産を渡したい人がいるのであれば、遺言書によって示しておく必要があります。

3つ目は、エンディングノートを書くことです。
エンディングノートとは、自分の葬儀やお墓に関する希望を記したり、家族や友人へメッセージを残したりしておくためのものです。
法的な拘束力はありませんが、自分の意志を示し、遺された人に思いを託すために必要です。

4つ目は、万が一のときに備えておくことです。
一人暮らしでは、万が一のことが起こった際にそれを誰かに伝えられるようにしておく必要があります。
親族や友人、勤め先などに緊急連絡先を知らせておくことや、何かあったときにすぐに助けを呼べる緊急ブザーを持っておくことが有効です。

□終活を専門業者に依頼する方法とは?

終活をするにあたっては、自力での持ち物の整理が難しい場合もあるでしょう。
そんなときには、専門業者に整理を依頼することがおすすめです。

専門業者に任せることで、自力では運べないような大きなものや、大量にある荷物を無理なく処分できます。
素人には処分が難しいものがある場合でも、プロであれば問題ありません。
時間をかけることなく、どんなものでもスムーズに回収・撤去できます。

依頼も簡単であるため、まずは相談してみることをおすすめします。

□まとめ

今回は、一人暮らしの終活の準備に必要なことと、終活を専門業者に依頼する方法について解説しました。
終活では、遺族の負担を減らすためにも、持ち物の整理が特に重要と言えます。
整理が大変な場合は一人で抱え込まず、プロを頼ることも検討してみてくださいね。