コラム

遺品整理のコツにはどのようなものがあるの?専門家が解説します!

遺品整理についてお悩みの方はいらっしゃいませんか。

大切な人が残した物をどうしても捨てられない方が多いのではないでしょうか。

今回は、遺品整理のコツにはどのようなものがあるのかをご紹介します。

是非、参考にしてみてください。

□遺品整理において大切なことは?

遺品整理を行う上で、「気持ちを整理する」ことが最も大切です。

気持ちの整理とは一体どのようなことなのか、今回は3つのポイントをご紹介します。

まず1つ目は、整理することに対して焦らないことです。

大切な人が亡くなった時は、何かをする気が起きない方が多いでしょう。

動こうにも動けない中で、遺品整理を行うとどうしても焦ってしまい、ストレスを感じてしまいます。

そのため、遺品整理を行う時は、焦らない気持ちを大切にしましょう。

2つ目は、人と話してみることです。

よく、自分の気持ちを人に話すと楽になると言われていますよね。

こうすることで、ストレスの軽減が期待できるでしょう。

3つ目は、紙に書き出すことです。

感情的になった時、紙に思っていることを書き出す人はいらっしゃいませんか。

思っていることを言語化することは、心理学的にも良いと言われています。

感情を書き出す以外にも、遺品整理を行う前にすることリストを作成し、紙に書き出してみることをおすすめします。

□残す物とそうでない物の仕分け方法とは?

遺品整理をしていると、残す物と捨てる物の決め方が難しいことがありませんか。

今回は、その仕分け方法をご紹介します。

まずは、残す物を決めましょう。

もし、捨てる物と残す物で迷った物があれば、それを保留として分類します。

何を残す物とするかは、自分の意思だけでなく、遺族間で話し合って決めましょう。

さらに、思い入れのある物や必要な書類や財産の整理をして残しておきます。

また、遺品整理の形見分けをする場合もあります。

形見分けとは、遺品を親しい人の中で分け合うことを言います。

形見分けをするのは自由であるため、したい人は行い、したくない人はやらなくて構いません。

それぞれの人間関係に合わせて形見分けを行うのか行わないのかを決めることをおすすめします。

□まとめ

この記事では、遺品整理のコツにはどのようなものがあるのかをご紹介しました。

遺品整理を行うには、気持ちの整理をすることが大切です。

また、残す物と捨てる物をそれぞれの人間関係に合わせて考えると良いでしょう。

当社では遺品整理も行っておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

関連記事