コラム

遺品整理の期間はどれくらい?専門家に依頼すると短縮できます!

遺品整理の期間はどれくらいかければ良いかご存知ですか。
できればゆっくり整理したいですが、そう長く時間を取っていられないのが現状ですよね。
そこで今回は遺品整理の期間と期間が短い方が良い理由について解説します。
この記事を読むことで、効率的に遺品整理を終えられるはずです。

□遺品整理に必要な期間とは?

期間を明確に知らずに作業に取り掛かってしまうと、遺品整理後の計画を立てにくくなります。
ここでは遺品整理の期間について紹介するので、計画を立てる際の参考にしてください。

遺品整理には1日から1週間程度を要することが多いです。
亡くなった方の部屋が広かったり、処分するものが多かったりすると、1ヶ月以上かかってしまうこともあるので状況に応じて期間の目安を立てるようにしましょう。
慌てて作業に取り組むことにならないよう、余裕のある計画を立てることをおすすめします。

早く終わらせたい方は遺品整理業者に頼むのも1つの手です。
豊富な経験をもとに、処分する遺品としない遺品をスムーズに、かつ適切に分けてくれます。
さらに、場合によっては遺品の供養や清掃などを依頼できるので、慌てることなくゆっくり気持ちの整理をつけたい方はぜひ依頼してみてはいかがでしょうか。

□なぜ遺品整理は期間が短い方が良いの?

遺品整理の期間はなぜ短い方が良いかご存じですか。
この理由について、あまり詳しく知らない方もいらっしゃるかもしれません。
ここでは短い方が良い理由について詳しく解説します。

1つ目の理由は誰がどの遺産を相続するかを決める遺産分割協議をする前に終わらせる必要があるからです。
遺品と形見を分ける作業を終わらせておかなければ、何を遺産として相続するのか分からないですよね。
できれば、葬儀が終わった後の早い段階で遺品整理を完了させることをおすすめします。

2つ目の理由は故人が賃貸住宅に住んでいた場合、早く終わらせなければ家賃の支払いにトラブルが生じる可能性があるからです。
退去日までに全ての作業を完了できないと、余分な家賃を払い続ける必要があるので、なるべく早く完了させましょう。

しかし、どうしても気持ちの整理がつかず、遺品を見るだけでも辛い場合もあります。
そのような場合は無理に進めなくても大丈夫です。
気持ちの整理がついて、余裕をもって作業ができる状態まで待ってみるのも重要です。

□まとめ

この記事では、遺品整理の期間について解説しました。
遺品整理は専門の業者に頼むとスムーズに終わります。
また、この後の手続きにも時間をとる必要があるので、遺品整理は早く終わらせることをおすすめします。
遺品整理にお悩みの方は、当社が最適なご提案をしますのでお気軽にご相談ください。

関連記事