遺品整理に困っている方もいるでしょう。
遺品整理を業者に依頼するかどうか悩みますよね。
そこでこの記事では、業者に依頼するメリット・デメリットを詳しく紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

□遺品整理を業者に依頼するメリットとは?

遺品整理を業者に依頼するメリットを5つ紹介します。

1つ目は、短時間で遺品整理を済ませられることです。
人が住んでいた家を片付けようと思うと、相当な時間がかかります。
ゴミの分別、大型ゴミの回収、遺品の仕分けまで全て行わなければいけません。

それを業者に依頼することで全て行ってくれます。
1日で作業が完了することもあります。

2つ目は、大型家具のような重いものでも運んでくれることです。
大型のタンスや冷蔵庫など、遺品の中には大きなものもあります。
これらを自分達で片付けるとなると大変です。
業者に依頼すると、大きいものも全て回収してくれます。

3つ目は、相続や空き家などの相談を専門家にできることです。
遺品整理を行っている業者の中には、整理後のトラブルを解決してくれる所もあります。
高価な品物や現金などがあると、相続のトラブルに繋がる可能性もあります。

亡くなられた方の持ち家に関しては、その後の対応もしなければいけません。
遺品整理業者が弁護士と提携していて、相続や空き家の相談もできることがあります。

4つ目は、遺品供養をしてもらえることです。
供養が必要な遺品もあります。

例えば、仏壇や神棚などです。
業者に依頼すれば、ゴミの処分から遺品供養までやってくれることがあります。
必要であればお寺や神社に供養の依頼をしてくれます。

5つ目は、遺品の買取が可能な業者もあることです。
業者の中には、買取までしてくれるところもあります。
遺品の中にまだ使えるものや、価値のあるものが見つかった場合は、買取してもらいましょう。

買取してもらえば遺品整理にかかる費用から引けることになるため、費用を抑えられるでしょう。
資源の有効活用にもなるので、環境的にも優しいです。

□遺品整理を業者に頼むデメリットとは?

遺品整理を業者に頼む際のデメリットもあります。

まずは、費用がかかることです。
これだけ見ても分かるように、遺品整理は大変な仕事です。
部屋の広さやかかる時間によっても、その値段は大きく異なります。

次に、悪質な業者とのトラブルに巻き込まれる可能性があることです。
遺品整理の業者の中には悪質なところもあります。
高価な遺品を安く買取したり、清掃が不十分だったりすることなどがあるので、しっかりと調べましょう。

□まとめ

デメリットもありますが、しっかりと調べて節約を心がければ大きな障害にはなりません。
相場価格も調べて、まずは条件をリストアップしましょう。