床板の解体・現状確認 

jirei03-1

「以前に洗面所で店子が亡くなり、発見が遅れたため一度別の業者で原状回復を行ったが腐敗臭が消えない。しかも原状回復を行った業者がアフターフォローも何もせず逃げてしまった」ということで特殊清掃を専門に行う弊社に依頼がきました。
洗面所に入ると腐敗臭が残っており、床板は一度交換しているということ。
においの原因は床下の基礎部分にあると判断し、床を開けさせて頂きました。

体液の後処理 

jirei03-2

床板を撤去すると、腐敗臭とともに体液の浸透したあとが確認できました。
弊社ではコンクリートを削ることはせずに、表面に残っている体液を全て自社薬剤にて洗浄し、さらにその上から特殊コーティングを行い、においの原因を絶っております。
この現場も同様に洗浄、コーティングを行い、においの原因をとめることができました。

 原状回復 

adachi4-b1

床下基礎部分の処置後、原状回復工事を行い貸し出せる状態にまで復旧いたしました。
今回の工事では消臭消毒作業、床下処理、床解体、復旧、資材等にて553,700円にて施工させて頂きました。